色々とある膣のゆるみを解消する方法|悩み続けない為に

婦人

女性の体の構造から起こる

膣のゆるみの原因となる骨盤底筋群を鍛えるトレーニングを行う目的は、骨盤底筋群が衰えることによって起こる、膣のゆるみ以外の症状にも対処するためです。人気の方法は、自分で簡単に骨盤底筋群を鍛えられるトレーニングであり、隙間時間にもできるのでお勧めです。

困る女性

女性のコンプレックス

膣のゆるみへの対策は自分で行う膣トレーニングと、専門医による専門的な治療があります。状態に合わせて改善を行う事が出来ますので、まずは一人で悩まないで専門医に相談してみる事で、コンプレックスを解消する事が出来ます。

ウーマン

出産や加齢による筋力低下

妊娠、出産、加齢などが原因で、膣のゆるみが気になっている人が増えています。自宅で肛門や骨盤を引き締めるトレーニングも効果的ですが、婦人科形成の専門クリニックでは、痛みが少なくメスを使用しない、膣を引き締める治療を行っています。

女性の悩み解決

ヒップ

出産後の悩み

女性は出産とともに大きな身体の変化を迎えるとともに、悩みが増えることもあります。出産により増えた体重がなかなか戻らなかったり、ホルモンのバランスが崩れてさまざまな症状を起こすこともあるでしょう。膣のゆるみも、出産によって女性に起きる変化であり、悩みの種になることもあります。膣のゆるみは、「骨盤底筋群」と呼ばれるハンモックのような形をした筋肉の集合体の筋力が弱まることによって起きます。この筋肉は子宮や膀胱が下がらないように支えるようにしてついていますが、妊娠によって子宮が大きく重くなっていくに連れて大きな負荷がかかります。普段はしなやかに伸び縮みするはずの筋肉が、子宮の重みで伸縮能力が弱まった結果、膣のゆるみに繋がります。

対策

膣のゆるみは尿漏れや、お風呂上りに膣から水が出てしまうなどといった症状を招きます。また骨盤底筋群の筋力低下は肛門を閉める力も弱めてしまうことも覚えておいてください。出産後に膣のゆるみを感じている方は、まずは自分でできる筋力トレーニングをしてみると良いでしょう。方法は至って簡単で、5秒間ほど膣に力を入れて、一気に力を抜く、これを数回繰り返すだけです。通勤電車の中や、デスクワークの最中、お風呂に入っている時や寝る前など、無理なくいつでも続けることができます。症状が重い人は無理せず医師に相談することをお勧めします。ヒアルロン酸の注入やパールフィラーと呼ばれる半永久的に効果が持続する注射もあります。