女性の体の構造から起こる|色々とある膣のゆるみを解消する方法|悩み続けない為に

色々とある膣のゆるみを解消する方法|悩み続けない為に

女性の体の構造から起こる

婦人

仕組みと理由を知る

出産を何度も経験した女性や、年齢を重ねた女性なら、お風呂から上がったときに膣からお湯が漏れ出てきたといった経験をしたことがあると思われます。これは、出産や加齢によって骨盤の底を支えている骨盤底筋群がダメージを受け、筋力が衰えてくることが原因です。この骨盤底筋群は筋肉でできており、鍛えることが可能です。鍛えることによって膣のゆるみだけでなく、尿道や肛門を緩めたり締めたりといった働きがスムーズにできるようになる他、子宮脱などの深刻な症状を退けることにもつながります。骨盤底筋群を鍛える目的は、女性の骨盤を支える働きをするため、弱ってくるとさまざまな不調が出てくるということです。膣のゆるみもその一つと言えます。

自分で簡単にできる

骨盤底筋群を鍛えるトレーニングは、自宅で、自分で簡単にできます。やり方はインターネットを調べるとすぐにわかりますし、気になるようであれば婦人科を受診し、膣のゆるみに効果的なトレーニング方法を医師に尋ねてみるというのもいいでしょう。とはいえ、医師に尋ねるのはハードルが高いという女性も多く、まずは自分でやれることからやってみるという方法が人気です。基本的に膣を緩めたり、締めたりといった動きをする簡単な方法ですので、隙間時間に行うなどすれば、ものすごく負担になるトレーニングになることはありません。座ってできる方法もあれば、仰向けに寝て行う方法もありますので、どちらもやり方をマスターしておき、できるタイミングでやっていくようにすると、膣のゆるみが改善されていくと思われます。