出産や加齢による筋力低下|色々とある膣のゆるみを解消する方法|悩み続けない為に

色々とある膣のゆるみを解消する方法|悩み続けない為に

出産や加齢による筋力低下

ウーマン

骨盤底筋を鍛える運動

妊娠、出産を経験したり、加齢による筋力の低下などが原因で、膣のゆるみで悩んでいる人が増えています。骨盤底筋が弱くなると、膀胱や子宮などの内臓が下がってきたり、尿漏れなどが起こる場合もあります。膣のゆるみは自覚しにくく、配偶者などのパートナーに指摘された経験のある人が多いです。普段の生活では、骨盤底筋を鍛える必要があるので、膣を引き締めるためのトレーニングを行うと良いでしょう。尿が出ないように我慢をしたり、肛門をきゅっと引き締める運動を行うことが大切です。立ったままでも、座った状態でもトレーニングができるので、実践してみると良いでしょう。骨盤の周囲の筋力を高めるためには、ヨガやピラティスなどの運動もお勧めしたいです。

婦人科形成の治療を受ける

膣のゆるみが気になっている人は、自宅でトレーニングを行うことで、改善が可能になっていますが、なかなか効果を実感できない場合は、婦人科形成の専門クリニックを受診してみると良いでしょう。従来の膣のゆるみを改善する手術はダウンタイムが長いので、抵抗を感じている人が増えています。現代は婦人科形成のクリニックでは、メスを使用せずに超音波を使用して、膣内を冷却することで、ゆるみを改善することが可能になっています。メスを使用しない方法は、施術を受けてから、一週間程度は性行為を控える必要がありますが、痛みやダウンタイムも少ないなどのメリットがあります。大変デリケートな悩みなので、経験豊富な女性医師がカウンセリングを行ったり、最適な治療法を提案してくれます。